今話題のぜったくんの魅力に迫る! 名前の由来やおすすめの曲 幻のYouTube広告など!?

アーティスト紹介
画像出典:ぜったくん公式Twitter

こんにちは。

みなさん、今若者を中心に人気を集め、今後さらにブレイクが予想されるアーティストの“ぜったくん”をご存知でしょうか。

エモくかわいいMVが特徴的な次世代のアーティストです。

ちょっと眠そうに歌っている感じがエモいんですよね

そこで本記事ではそんなぜったくんの魅力に迫るとともに、プロフィールや名前の由来などをまとめたので是非最後までご覧ください!

ぜったくんのプロフィール

まず初めに“ぜったくん”のプロフィールを紹介していきたいと思います。

プロフィール生年月日:1993年5月2日
出身大学:明治大学
生まれ :町田

ぜったくんは2021年現在28歳ということになりますね。

また、生まれも育ちも東京の町田で、神奈川によく間違えられることからどうせなら神奈川でよかったのにとインタビューで言っていました。

大学の時にぜったくんが初めて作詞作曲をした曲が明治大学の学園祭のテーマソングに選ばれたそうです。はじめて作詞作曲した曲が使われるなんてすごいですよね!この辺からぜったくんの天才さが伝わってきます…

 

ぜったくん-名前の由来

ぜったくんという名前の由来はなんなのでしょうか。気になったので調べてみたらインタビュー記事でこんなことを語っていました。

本名の苗字からきています。濁音が多いんですけど、友達からの愛称が派生して「ぜった」と呼ばれるようになったんです。ゲームのハンドルネームなども「ぜった」にすることが多かったので、自然とこの名前が定着しました。
KAI-YOU.net

とのこと。”くん”がついてるのは検索した時にひっかかりやすくするためだとか。

1時間で会社をやめた!?

ぜったくんは就職した際に上司と引越し関係のことですこし揉めて、なんやかんやで1時間で会社を辞めることになったそうです笑

その後ぜったくんは前にやっていたのラブホでのバイトを始め、その当時を振替えって、ぜったくんは楽しかったと語っています。

ラブホでのバイトはどんな経験になりました?という質問に対して、

めっちゃ楽しかったっす。あんまり忙しくなくて、自由な時間もあったり。結構トリッキーなお客さんが多くて、その人間たちを見るのがすごく楽しかったですね。

CINRA 

と、答えています。

空き時間にスマホで曲の打ち込みをしたりしていたそうです笑

 

ぜったくんのYouTube広告

みなさんはぜったくんのYouTube広告を見たことがありますか?実はわたしがぜったくんに出会ったきっかけはYouTube広告でした。

わたしの好きなバンドのMVをみてたら、ぜったくんのsleep sleepの広告が流れてきてスキップなんてできず一発で惚れてしまいました。

ぜったくんは他にもSpotifyで広告を出しているそうです。

YouTube広告も滅多に出てこないので、みられた人は超ラッキーです!

 

ぜったくんおすすめの曲

続きましてぜったくんのおすすめの曲を紹介していきたいと思います。ぜったくんの曲はどれもエモくて最高な曲ばかりですが、その中でも特に私がおすすめする曲を紹介していきます!

sleep sleep feat.さとうもか


こちらの曲は先ほど紹介したYouTube広告にも出てくる曲です。

お洒落なメロディにかわいいアニメーションMVはみたら絶対に惚れてしまいます…

またこの曲は若者に人気の女性アーティスト“さとうもか”とのフィーチャリング曲となっています。さとうもかの可愛らしい声とぜったくんのエモい声が合わさって最高の聴き心地です。

Gaming Party Xmas


この曲を聴いてしまえばもしもあなたがクリぼっちでも寂しくありません!

今年もオンラインゲームでクリスマスを越そうとしている方たちは是非聞いてみてください。

曲の終盤にあるぜったくんのイケボを聞き逃しなく!

Midnight Call feat.kojikoji


現在(2022年)ぜったくんの曲の中で最も再生回数の多いMVです。

またこちらの曲は界隈で話題沸騰のフィメール・ボーカリスト kojikoji をフィーチャリングに迎えたデュエット・ソングです!

kojikojiさんとぜったくんの会話のような感じでとてもかわいらしい曲です。

ぜったくん-まとめ


いかがだったでしょうか。

ぜったくんはこの先もっともっと有名になり、古参を名乗れるのは今のうちだけですので早めにハマっておきましょう。

ぜったくんのインスタやTwitterも是非チェックしてみてください。

それでは最後までご覧頂きありがとうございました!!

コメント募集!!

タイトルとURLをコピーしました